フェルトでちくちく。森の栞をつくりましょう。

 
だんだんと秋が深まってくると、ふと、私みたいなぶきっちょガールでも、思わず手芸ガールを気取って針仕事などやりたい気分になってくるもの。。
つづいてのワークショップ紹介は、ちくちく手芸のお愉しみ「フェルトでつくる葉っぱのブックマークチャーム」です。
 
今回、フェルトづくりを教えてくれる柳澤友子さん。
お店のお客様として出会った彼女と、ぐぐっと距離が縮まることになったきっかけも、実は一冊の「本」でした。
それは、刺繍作家・森麗子さんの画文集「木立をすぎる時間」。
筆の代わりに針と糸とで、美しい北欧の森や湖などの風景を、布の上に描き出す森さん。
画文集は私にとって宝物のような一冊ですが、友子さんも森さんをかねてから敬い、ご本人ともお会いしたこともあるのだそうです。
個展のときの特別な図録を貸して頂いたりして、お話が盛り上がったのでした。
そして、友子さん自身がフェルト作家さんであることを知ったのです。
 
そのきっかけがあったから、という訳ではないのですが、友子さんの作り出すフェルト作品には、森麗子さんの刺繍につながるものがあるように思います。
それぞれに共通するもの。それは、一言でいえば、「物語」です。
友子さんのつくる森や木や花をモチーフにしたブローチなどの作品には、ひとつひとつ「物語」が込められていて、手のひらに載せて眺めているだけでも、お話を読んでいるみたいにわくわくしてきます。
さらに、それをちょこんと一つ身につけてお出かけしてみれば、わくわくは高まって、スキップしたくなっちゃうほど!
アクセサリーの持つそんな魔法。女子なら誰にでも経験ありますよね!
友子さんのフェルトには、そんな物語や魔法が隠されているのです。
 
今回のワークショップでは、友子さんオリジナルモチーフの中から、小さな葉っぱを組み合わせたデザインのブックマーク(しおり)をつくります。
葉っぱが重なり、ひとつの小さな森のようになるこのデザインは、Book-nickにぴったり!
同じモチーフのブローチは、麦小舎でも大人気の商品です。
単に切り貼りするだけでなく、刺繍のステッチなどの加え方も教えていただけます。
胴体には、ゴールドかシルバーの金具。お好きなほうを選ぶことができます。
本を開いていないときでも、背表紙の上からちょこんとチャームが覗く、チャーミングなチャーム(!)タイプのしおりです。
他ではなかなか見かけないデザイン。自分の手で作ったものなら、さらに愛着も湧いて、どこへでも連れて出かけたくなりそうです!
(ここだけの話、材料費とお茶代も含めてのこの料金も、見逃せませんよ!)
 
暖かい飲み物といっしょに、わいわい和やかな手仕事の時間。さあ、ご一緒に愉しみましょう。
男性の方もどうぞご参加ください!
 
 


ブックパッカーの愉しみ。

 

イベント・ワークショップのお申込はまだまだ受付中です。

今日はそのなかから「ブックパッカー@麦小舎」をピックアップしてみましょう!

 
それぞれ一冊の本を持ち寄り、参加者同士で紹介しあう。
そうしたスタイルのイベントが今では時々あちらこちらで見られるようになりましたが、2008年に活動を始めた「ブックパッカー」は、もしかしたらその先駆け的存在ではないでしょうか。
その「ブックパッカー」のアンテナサイトが松本にやって来た!という噂が届いたのは昨年のこと。
松本の町と山の境い目、里山辺という地域。土間のあるそのスペースでは、本の貸し出しもしているとのこと。
図書室のような空間なのかな?と想像していたら、どうやらそうではないらしい。
今の気分や興味のあることを伝えて、または何気ないお喋りのなかから、店主のウチダさんがその人にぴったりの本を奥の書庫から取り出してきてくれるのだとか!
なんとまぁ、ドキドキしてしまうではありませんか!
私が行きたくてウズウズしている間に、あるときウチダさんのほうからふらりと麦小舎を訪ねてきてくれました。
その日から、いつかここでもブックパッカーをやりましょう、と話していたことが、今回はじめて実現されることとなったのです。
 
 
※画像はウチダさんのblogより拝借


ウチダさんはブックパッカーを主宰するほか、詩の作者として本も出されています。
ちょうどつい先日、新しい著書「おこのもり」が発刊されたばかり。
詩をつくりながらも、ウチダさんは、いわゆる「詩人」(ある種、手が届かない神聖な存在のように扱われる)にはなりたくないと言います。
ウチダさんはいつも、詩に対して、言葉に対して、社会に対して、そしてそれらと対峙する自分というものについて、真正面から向き合っています。
そして、等身大の自分を通して、地域と人とを繋ぐパイプのような役回りを担おうと実際に動き始めています。
その真摯でまっとうな考えや行動からは、いつもハッと気づかされることが多いのです。
(でもだからといって気難しい方ということはないですよ、笑。ご本人はいたって感じの良い好青年です!)
 
ブックパッカーも、「本」をツールにしていても、結局そこで交わり合うのは、今を生きる人と人。
初めて顔をあわせる人たちが「本」という媒介を通して、自分の言葉で伝え合おうとする。
そこから生まれる偶発的な「何か」にこそ、ウチダさんが願いを込めるブックパッカーの醍醐味が隠されているのかもしれません。
…などと偉そうにコメントしている私自身、ブックパッカーは初体験。
時間が許せば当日もぜひ参加したいと思っています。
どの本を選ぼうかしらー?
どうぞみなさんも、”お茶飲み井戸端会議”にひょっこり顔を出す感覚で、お気軽にご参加ください!
 



 


ブックマルシェ出店者紹介③「ch.books」(チャンネルブックス)

 
つづいてご紹介するブックマルシェ出店者は、長野市の「ch.books(チャンネルブックス)」。
こちらも前述の「ひふみよ」同様、今年オープンしたばかりのフレッシュ(!)なチームです。
 
特徴は、「編集室を兼ね備えた本屋」さんであること。
もともと長野で情報誌の制作などに携わっていたメンバーが、あらたに自分たちらしい情報発信の場を、と作り上げた空間は、一階が書店、二階が編集部の作業場となっており、まさに「本」にまつわるトータルなクリエーションスペースとなっています。
その編集部では『チャンネル』と題したフリーペーパーを隔月で発刊。この冊子がまた、写真、編集、デザイン…どれをとっても、とてもFREEとは思えないクオリティの高さ!
創刊号の特集「わたしのまちの本屋さん」では、私たち「麦小舎/キジブックス」についても紹介してもらったのですが、独自の視点から自分たちの暮らす街・長野を掘り下げていく中身の濃いこの冊子は、すでに長野の若者たちを中心に相当注目が集まっているようです。
 
書店スペースでは定期的に展示なども行い、ギャラリーとしての役割も兼ね備えていたり。
イベントなどがなくても、常に自然と人が集まり、そこで交わされる情報やアイデアがまた街の動きとなって広がっていく…。そんな「開かれた」本屋さんが、自分の街にもあったら最高ですね!
これからも長野カルチャーをぐいぐい牽引していくであろう「ch.books」の今後の活動から目が離せません!
「ブックニック」の会場でも、きっと新しい人と人との繋がりを引っ張り出してくれることでしょう。
 
 

 
 
「ch.books」島田さんに聞きました:
 
■お店の自己紹介をお願いします!
 
出版業とデザイン事務所を兼ねた長野市の小さな本屋。
「こんな本があったんだ」と思えるような本を紹介することで、人と情報が行き交い、
新しい出会いとひらめきが生まれる場所をめざしています。
隔月でフリーペーパー『チャンネル』も発行。
 
■「森のブックマルシェ」にはどんな本が並びますか?
 
旅とアートをテーマにした本を中心にセレクトする予定です。

また、フリーペーパーの『チャンネルvol.3』を配布いたします。

それから、もしできたら…なのですが、
全国の色々なフリーペーパーをお持ちして、
ご自由に読んでいただけるようにしたいと思います。
 
 


アクセスのページを更新しました。

 
「アクセス」のページに詳しい説明を追加しました。
お車の場合の駐車スペース、バスのご利用案内など、ご確認ください。
 
北軽井沢は、軽井沢からもさらに峠道を登った標高1100m以上の高原の町です。
たしかにちょっぴり不便な場所にはありますが、雄大な浅間山が目の前に見られたり、のどかな牧草地やキャベツ畑のなかを走るドライブは最高です!
特にこの時期は、山の高いところから始まる紅葉がちょうど北軽井沢へも差し掛かってくる頃。
関東でおそらく一番早い紅葉を楽しんで頂けることでしょう。

どうぞ秋の高原ドライブを兼ねて、お出かけください!

アクセスや宿泊などに関してのご質問・相談も、問合せフォームからなんなりとどうぞ。
 
 


伊藤まさこさんからの本のバトン、受け取ってください。

 
 
伊藤まさこさんとの出会いは数年前。
軽井沢のお知り合いが私たちの店を薦めてくれたことがきっかけで、プライベートで、または取材で、と、松本からはるばる幾度か足を運んでくださるように。
私にとってはまさに「本のなかの人!」であっただけに、はじめはドギマギしてしまったのですが、ご本人はいたって気さくでサバサバとしていて、本棚に並ぶ本のこと、森のこと、お料理のことなどお話するうち、すっかりうちとけてしまったのでした。
 
あるとき、まさこさんが本棚で手にした串田孫一さんの「旅の絵本」。
その一冊がきっかけとなり、この春発刊された本にまつわるエッセイ集『伊藤まさこの雑食よみ〜日々、是、一冊。』のなかでも、麦小舎とキジブックスについて紹介していただきました。
このエッセイ、もうお読みになった方も多いと思いますが、まさこさんが小さい頃から慣れ親しんだ絵本のこと、旅先で偶然出会った本や本屋さんのこと、日々の生活に寄り添うようにいつも身近にある本のことなどが、美しい写真とともに、楽しく綴られています。
まさこさんが大切にしている本と、自分にとってのそれが重なる部分が多くて、そうそう、ああ懐かしい、などと思いながら、夢中になって読み進めてしまい、そんな本のなかに私たちも仲間に入れてもらえたことをとても幸せに感じたのでした。
(カメラマン公文美和さんに撮って頂いた秋の森の風景も、宝物です!)
 
 
今回、Book-nickでは、伊藤まさこさんが自身の蔵書のなかから30冊の本を選び、一冊一冊にメッセージを書き添え、特別に展示・販売して頂けることになりました。
ただでさえ、ひとの本棚は気になるもの。
それが憧れのひとのものであったなら、なおさら覗いてみたくなっちゃいます!
一冊ずつ書いていただくコメントの内容もとても気になります。
まさこさんが大切にしてきた本を、あらたに引き継いで、また大切に残していく。
そんな「本のバトンタッチ」の場になれればいいなと考えています。
30冊限定、購入は先着順となります。
どうぞお楽しみに。
 
 
※状況によっては、お買い求めいただいた本は、会期終了後に発送させて頂く場合もあります。

※お一人様の購入数を限定させていただく場合もあります。

※まさこさんの来舍は16日(日)の予定です。
 
 



本を片手に「ありんこ菓子店」のおやつはいかがでしょう?

 
「Book-nick」会期まで2週間を切りました!
これからはお知らせもスピードアップしていきますよ。
 
 
まずは、花より団子ならぬ、「本よりお菓子」(!)な方へ朗報です!!

「Book-nick」開催中の2日間、軽井沢の『ありんこ菓子店』が、会場(=麦小舎)で出張販売をしてくれることになりました。

『ありんこ菓子店』さんと言えば、知るヒトぞ知る…ではもうなくて、軽井沢近郊のお菓子好きさんなら、すでに外すことのできない、美味しい美味しい焼菓子のお店。
麦小舎と同じく営業日が限られているため、食べたい!と思ってもすぐに入手できないのが残念だったり(と同時にそそられてしまったり)するわけですが、この2日間は、麦小舎でgetが可能です。
待ちきれない方は、もちろんこの場でパクリ、でもOKです。
本を片手に、暖かい飲み物と甘いお菓子を…これぞ至福のときですね!
ひとつひとつのクッキーやジャムに「物語」をつめこんだ、ありんこさんのお菓子。
初めての方も、毎度〜の方も、この機会にぜひ、ご賞味ください。
 
※数に限りがあり、売り切れ次第、終了となりますので、ご了承ください。
 
 



Photoback「続・写真部POCKET展」開催決定!

山村光春さんによるワークショップ「ひとに見せたくなる旅本をつくる」が、「Photoback」の公式ワークショップとして、サイト等に掲載されました。
(※ワークショップはすでに締め切りとなりました!)

また、「Book-nick in the Forest」会期中、ワークショップと合わせて「Photoback」による「続・写真部 POCKET展」が開催されることが決定しました!
「Photoback」のサービスを使って作られた手のひらサイズの写真集、その選りすぐり作品を店内にて展示いたします。(どなたでもご自由にご覧いただけます。)
この秋の全国各地のカフェでの巡回展のかわきりとなります。
ワークショップに参加される方はもちろん、その他の一般の方も、小さな写真集に込められた熱い想い、オリジナリティあふれる世界を、ぜひ手に取ってじっくりご覧ください。

 
詳細は「Photoback」公式ブログ をご参照ください!

 



手芸ガールも必見!すべてのイベントが出そろいました。

フェルトでつくる葉っぱのブックマークチャーム

イベント概要をアップしました。

この時点で、5つのイベント、すべてのご案内がご覧いただけるようになりました。
お気に入りの「本との遊び方」は見つかりましたでしょうか?
イベントの問い合わせ・お申込は、こちらよりどうぞ!
お申込、お待ちしております。


ブックマルシェ出店者紹介②「book pick orchestra」+「suiran」

 
つづいてのブックマルシェ出店者のご紹介。
 
 
いまや東京のブックカルチャーシーンを牽引する存在といっても過言ではないbook pick orchestra(ブックピックオーケストラ)』チームも、秋の森へとやって来てくれます!

私自身が「ブックピックオーケストラ」の存在を初めて知ったのは、たぶん6〜7年前のこと。
書店主の友人から「ちょっと面白いひとたちがいるんだよ」と名前や説明を聞いたときは、正直、どんなことをしているんだか、ピンときませんでした。
そして2年ほど前、お店を訪ねてきてくれた一人の青年Tくんと親しくなり、聞けば、T青年は”彼ら”の一員だという。
ふたたび”彼ら”の存在が、ぐっと近づいてきて、それからというもの、その動きから目が離せなくなりました。

「ブックピックオーケストラ」は、編集者や書店員、さらには本にまったく関係のない職種の人まで、「とにかく本が好き」という一点で集まった有志による、本にまつわる様々な企みをおこなうグループ。
ある時は、カフェやギャラリーで古書販売のコーナーを設置し、運営。(渋谷の「SUNDAY ISSUE」、益子の「スターネット」など。)
又ある時は、既存の文庫本に手を加えて、プレゼントや絵画のように楽しむヒントやアイデアを提案してくれたり。
さらにある時には、紙ひこうきを飛ばして、一冊の運命の本へと導かせてくれたり…。

「人」と「本」との出会い。
その可能性を、あらゆる方向から拡げようとしてくれる…
例えはオカシイかもしれないけれど、お見合いを薦めるちょっぴりおせっかいな親戚のおばちゃんみたいな存在!
でも、この「おせっかい」が、時としてほんとうに運命の出会いを連れてきてくれるのです。
本も人と同じで、自分のなかでいつしか「好き/苦手」「興味あり/なし」の線を引いてしまうと、それから先はなかなか一線を越えられずに、本屋さんでも決まったジャンルのコーナーや作家名しか手に取らなくなるもの。
あえて避けないまでも、なにげなくスルーしてしまう本。
そこに隠れている鉱石に光を照らして、「あれ?」と手に取らせてみる。
その心憎いまでの手練手管の手法の数々には、いつも舌を巻き、やられた〜と思わずにはいられません。

 
 
今回、Book-nickでは、メンバーのTくんが主宰するsuiranと合同でブースを構えます。

「suiran」は、群馬を中心にイベント時などに出張販売をしてくれるセレクト古本屋さん。(店名の由来は「翠巒=緑色に連なる山々」、故郷・高崎の風景を表しているのだそう。)
実店舗はまだありませんが(鋭意準備中とのこと!)、とはいえ侮るなかれ、その本に対する探究力、審美眼、セレクト魂は、並の古書店を上回るレベルの高さ。
一冊一冊、本を丁寧にパラフィン紙で包んでくれるところなどにも、本への愛情と、本人の優しい人柄が滲み出ているようです。
今年1月に、上田市の「ルヴァン」で開催したキジブックスの古書市にも、一緒に本を並べてもらいました。
実店舗のオープンが待ち遠しくてならないのですが、まずはBook-nickの会場で、「古書好き」の心をコショコショくすぐる魅惑の品々をご堪能ください!
 
 
そしてそして、この合同チーム。
Book-nickの場で、本邦初登場の”本を楽しむ提案”「bookscape」という企画をお披露目してくれるそう!
(詳細は下記のコメント欄をご覧ください。)
どんなものになるのか….本好きなら見逃せませんよー!!

 
 
「book pick orchestra」さんに聞きました:

■お店の自己紹介をお願いします!

ブックピックオーケストラは、本のある生活をふやすために、新たな本のあり方を模索し、人と本が出会う素敵な偶然を演出するユニット。
カフェやギャラリーなどでの古書の展示販売はじめ、さまざまなアイディアで「本との新しい出会い」を提案しています。
 
■「森のブックマルシェ」にはどんな本が並びますか?

今回、ブックピックオーケストラは「文庫本葉書(*1)」の販売と、
suiranとのコラボ企画、本と読む風景をいっしょに販売する「bookscape(*2)」を行います。

(*1)
「文庫本葉書」は、新鮮な一冊との出会いや、
本を介してユニークに思いを伝えるためのアイテムです。
おもて面を見ると葉書のようですが、じつは文庫本が紙でくるまれていて、
うら面にはその文庫本からの引用が一節、印刷されています。
中身の本は、開けてみるまでわかりません。
引用された文章だけをたよりに本を選んでいただきます。
自分で開けて意外な本との出会いを楽しむことはもちろん、
郵便切手を貼ればそのままポストに投函できるので、
お友達の好きそうな一節を探して、ちょっとドキドキする贈り物にもなります。

今回は冊数をかなり多くご用意する予定です。たくさんの言葉のなかから、ピンとくる一冊を探してみてください。

(*2)
「bookscape」は、特別な読書の時間を過ごすための小さな提案です。
「本を読む風景」を、本とセットで販売します。
「本を読む風景」は、しおり形のカードに書かれています。

手に取った本からそれを読みたくなる風景を探したり、
風景からそこに似合う一冊を選んだりしてみてください。

本を先に選んでも、「風景」を先に選んでも構いませんが、必ずセットでお持ち帰りいただきます。
そして、出来る限り、手にした「風景」を探して本を読んでみてください。

 



 
 
「suiran」土屋裕一さんに聞きました:
 
■お店の自己紹介をお願いします!

こんにちは、suiranの土屋です。
四季を通じて、山と暮らしが共にある群馬県。
そんなみどりの山々(翠巒)のように、生活にそっと寄り添うような本屋でありたいと思っています。

今回は、メンバーとして活動に参加しているブックピックオーケストラとのコラボ企画、
本と読む風景をいっしょに販売する「bookscape」を行います。

さまざまな本との出会いを、秋の麦小舎で見つけてくださいね。
森でお待ちしてます。
 
■「森のブックマルシェ」にはどんな本が並びますか?

今回、ブックピックオーケストラと共同で「bookscape」という企画を行います。
本のジャンルは特に絞りません。お越しいただいてのお楽しみ。




詩と歌と散策で味わう秋の北軽井沢。

岸田衿子さんの愛した北軽井沢を歩く

イベント内容をアップしました。
北軽井沢を愛した詩人・岸田衿子さんの足跡をなぞりつつ、秋の爽やかな高原をお楽しみいただける、イチオシの企画です。
ぜひご家族で、おひとりでも、お気軽にご参加ください。


« 前ページへ次ページへ »
copyright (c) 2018 Book-nick in Kitakaruizawa | all rights reserved.