a day for book, music and picnic !! 〜ある日、秋の森で。〜

 
 
【10/9現在:フルセットでのお申込は定員に達しましたので受付終了とさせて頂きます。「tico moon ライブ」のみのお席は残り数席受け付けております。こちらのページをご参照の上、お申し込みください。】

 

木の実が熟す甘い香りが立ち込める森のなか、「本」と「音楽」を愛する人たちのための秘密のピクニックが開かれます!

 

「本」と触れ合うワークショップ(お好みの内容を選べます)、この日限定のピクニックバスケットのランチ、さらに北軽井沢の秋の森がぴったりのギター&ハープのデュオ「tico moon」のおふたりによるライブ。
これらをすべてセットにした、欲張りで、スペシャルな、一日限りのピクニックです。

本が好き!美しい旋律が好き!美味しいものが大好き!!
そんなみなさんとご一緒に、物語のような一日を過ごすことができれば、、と思います。
大好きな小説の忘れたくない1ページにそっと落ち葉の栞を挟むように、記憶に残る忘れられない一日になりますように…

 

【日程】 2012年10月14日(日)

【料金】 5,500円(ワークショップ、ランチ、ライブ参加費すべてが含まれます)

【定員】 30名(先着順)

 

【内容&タイムスケジュール】

<Part.1> 本にまつわるワークショップ 10:00~12:00  (下記、a,bより選択制)

a. 『「編集」するってどういうこと?』 <講師:山村光春さん(ライター・エディター)>
昨年も「写真集をつくる」ワークショップが大好評だった山村さんに、プロのエディターとしての視点から「編集」のいろはを教えて頂きます。

b. 『小さな絵本のつくりかた』 <講師:accototo(絵本作家)>
軽井沢在住で「うしろにいるのだあれ?」シリーズなどで人気の絵本作家「accototo」のおふたりと一緒に、小さな絵本を作りましょう。

<Part.2> ピクニックバスケットランチ 12:00~14:00

軽井沢「ありんこ菓子店」ありさんによる、秋のピクニックのためのオリジナルランチをご用意します。
一度食べたらやみつきになる絶品スコーンや野菜たっぷりキッシュの入ったランチボックス(おまけのお菓子付き!)を、お好きな場所で広げてお楽しみください!
ドリンクは麦小舎のメニューよりお選びください。

<Part.3> tico moon ピクニックライブ 14:00~15:30

ピクニックの締めは、秋の麦小舎の恒例となった「tico moon」のお二人による静かで美しい旋律に浸るひととときを。
新曲を含めたライブのほか、山村さんをインタビュアーに迎えてのトークの時間も予定しています。

 

【お申し込み方法】
【10/9現在:フルセットでのお申込は定員に達しましたので受付終了とさせて頂きます。「tico moon ライブ」のみのお席は残り数席受け付けております。こちらのページをご参照の上、お申し込みください。】

「イベント予約・お問い合わせ」フォームよりお申し込みください。
*イベント予約欄に【a day for picnic!】とご記入の上、記入欄に【お名前】【人数】【ご連絡先電話番号】【ご希望のワークショップ(a.またはb.)】を入力してください。
*その後、こちらからご案内のお返事を差し上げますので、メールの拒否設定などにお気をつけください。また、できればPC端末のアドレスよりお送りください。

こちらから「ご予約の確認とご案内」についてのメールを差し上げます。

※定員に達し次第、締め切りとなります。

 

【出演・講師・フード担当 プロフィール】

tico moon

2001年7月、ハープ奏者/吉野友加と、ギター奏者/影山敏彦によって結成されたデュオユニット。
アイリッシュハープとアコースティックギターという、他ではあまり聴く事の出来ない温かく透明感のあるその演奏や楽曲には定評があり、全国各地のカフェやギャラリー等でコンスタントにライブを行っている。
2011年には結成10周年を記念したアルバム『Daydream Garden』をリリース。このアルバムではヴォーカル曲にも挑戦し、少しづつ表現の幅を広げている。

山村光春

BOOKLUCK  主宰。
カフェ、インテリア、雑貨、デザイン、海外文化など。暮らしまわりのジャンルにおける書籍を中心に、雑誌や広告などの企画、ディレクション、執筆を手がけている。

accototo(アッコトト)【 ふくだとしお+あきこ】

1998年 フランスで出会う。 それぞれに全く違う作品をつくっていたが、 1999年に、日本に帰国して一緒に絵本をつくっていくうちに、いつからかユニット誕生。
2003年 絵本「うしろにいるのだあれ」を出版。絵本、壁画など様々な作品を制作。
動物をモチーフにしたタオルや陶器など、子ども向けの雑貨も展開している。
軽井沢在住。

ありんこ菓子店

別荘地のなかのひみつのお菓子屋さん。
一度訪れると依存症になる確率が非常に高いため要注意。
その扉がいつ開くのかは、 ぴっち部長(愛猫)に問い合わせを!


copyright (c) 2018 Book-nick in Kitakaruizawa | all rights reserved.