本とお菓子で旅する東北 ~Travelling in TOHOKU with Books & Sweets~

 
 
東北5県を紹介する本や、お薦めの名産品を詰め込んで、日本各地を旅する噂の『東北ブックコンテナ』が、軽井沢の森へとやってきます!
さらに、10/20・21の2日間は、東北自慢の銘菓とお茶をカフェスタイルで楽しめる『東北銘菓フェス』を開催。
本を片手に「お茶っこ」しながら、奥深い東北の魅力に触れ、しばし空想の旅をお楽しみください!

 


東北ブックコンテナ

【日程】 ブックニック会期中
【会場】 麦小舎

入場は無料です。カフェのご利用とあわせてご覧ください。

 

 
 
「東北ブックコンテナ」とは?

 
岩手・盛岡の『てくり』編集・発行のまちの編集室、宮城・仙台の『book cafe火星の庭』、秋田・秋田の『まど枠』、福島・会津若松市のリトルプレス『oraho』編集室、山形・山形の『山形まなび館・MONO SCHOOL』が連携して、本やお菓子など、それぞれの土地や店の空気を感じさせるようなものをギュッと詰め合わせにした移動販売ショップ。

その土地に行かなければ手に入りにくい美味しいもの、珍しいもの、少数販売本などを、実際に見て、手にして頂けるチャンスです!
今回は特に、各県のリトルプレスに力を入れて取り揃えてみたいと思います。

※それぞれ数量限定となりますので、展示中に売り切れの場合はご容赦ください。

 
 


東北銘菓フェス

【日程】 10月20日(土)・21日(日)
【時間】 10:00~16:00のお好きな時間にご注文ください(数量限定のため売り切れの際はご容赦ください)
【会場】 麦小舎
【料金・内容】 1.000円 <銘菓3品+ドリンク+「東北銘菓マップ」付>

 

「東北銘菓フェス」とは?

 
2012年春に谷中で、6月に金沢にて行われた「東北銘菓フェス」は、東北生まれや、東北に縁のあるひとたちがおすすめする東北各県の銘菓のうち3品とお茶のセットを楽しんでいただくカフェ形式のイベントです。
ご用意する銘菓は、物産展でおなじみの銘菓だけでなく、各県の出身者やそこに縁のある方が「これはぜひとも食べてほしい!」とおすすめするものばかりです。
フェス発起人・イラストレーター小関祥子さんとデザイナーの妹さんが作成した、可愛らしい「銘菓マップ」(保存版!)もついてきます!
東北には、ご近所同士が集まってお菓子やおつけものをつまみながらお茶を飲み、おしゃべりをする「お茶っこ」という習慣があるのですが、「東北銘菓フェス」も「お茶っこ」のように楽しんでいただけたら、と思います。
(当日は、小関さんもお店に来てくださる予定です。)

 

 


copyright (c) 2018 Book-nick in Kitakaruizawa | all rights reserved.